エアレジ(Airレジ)は飲食店との相性がいい

エアレジ(Airレジ)は飲食店との相性がいい

Airレジは無料で利用できるPOSレジアプリです。タブレットやスマートフォンがあれば商品在庫の管理や売上の登録、飲食店では空席の管理まで行うことができます。

飲食店にAirレジを勧めたい

Airレジは汎用的なPOSレジアプリですが、利用に最も適した業種は飲食業です。テーブル単位で伝票を作成できることはもちろんですが、在席時間を計測できることも便利だと思います。

手数料が発生しますが、クレジットカード決済を手軽に導入できることもAirレジの魅力です。中国の主要な電子マネーであるAlipay(アリペイ)に対応している点も、観光客の多いお店ではメリットが大きいはずです。

ただし、Airレジにも弱点はあります。それはネット環境がなくても動作するが故に、1つのアカウントを復数の端末で利用する場合に同期が自動的に行われないことです。精算時に他の端末で入力された注文が加えられていなかったということがないように注意が必要です。

手動で同期する方法としては、アプリのメニューから設定などサーバーに接続される項目を選択することです。少し面倒ですが精算前には同期させた方がいいと思います。

この同期以外では、会計ソフトとの連携やエクセルとの連携など使いやすく作られています。飲食店を経営されている方は導入をご検討してみてください。

飲食店に来客があった場合のAirレジ操作

Airレジを導入するならiPadで

Airレジはタブレットやスマートフォンがあれば利用することができます。しかし、Airレジを利用するならiPadで利用することをおすすめします。

理由は画面が大きいことと、iOSで利用するユーザーが多いためにiOSアプリの方が機能的に優れているからです。

例えば、席の予約を管理する画面はiPadではタイムテーブルになりますが、androidでは予約のリストが並び直感的に分かりにくくなります。またiPhoneでも画面サイズの関係で予約のリストとなるようです。

Airレジは小売業やサービス業でも大活躍

小規模な小売業やサービス業でもAirレジは力を発揮します。

小売業の場合バーコードリーダーを使用しなければ、登録された商品の選択が難しくなる数百品目が導入できる目安です。これ以上の品目を扱う場合にはバーコードリーダーを使用することも検討しないといけません。

お読みくださり、ありがとうございました。