スプレッドシートの特徴

スプレッドシートの特徴

スプレッドシートはグーグルが提供する表計算クラウドサービスです。エクセルとほぼ同等の機能を持ち、グーグルアカウントがあれば誰でも利用できます。そのスプレッドシートの特徴をまとめました。

クラウドのメリットとデメリット

このページでは、スプレッドシートとは一般的な表計算ソフトではなく、グーグルが提供するクラウドサービスを指します。クラウドとはインターネットを利用することは共通ですが、広い意味で使用されています。

パソコンにインストールするエクセルに比べて、クラウドのスプレッドシートにはどんなメリットやデメリットがあるのかまとめました。メリットとしては次のようなことが挙げられます。

  • 使うパソコンや場所を選ばない
  • 複数人で共有して編集を行える
  • スプレッドシート間のデータ参照をしやすい
  • 保存をし忘れることがない
  • 保存容量を気にする必要がない

使うパソコンを選ばないということは、パソコンを買い換えると発生していた初期設定やデータの移動がなくなります。インターネットに接続できれば作業をする場所も選びません。

スプレッドシートを共有すれば、複数のパソコンから同時にアクセスをして、復数人で同時に編集することもできます。1人が編集したファイルを別の人に渡すために発生するタイムラグもなくなります。

スプレッドシートにはファイル名とは別に固有のIDを含んだURLが割り振られます。このためローカルのファイルパスのような変動する要素を元にファイルを特定する必要がなく、スプレッドシート間のデータ参照が切れることもありません。

データの保存は自動で行われるため編集中のデータを保存し忘れて失うこともなく、保存先のグーグルドライブではスプレッドシートの容量はカウント対象外のため保存容量を気にする必要もありません。

現状でデメリットとして感じていることは、表計算ソフトのデフォルトスタンダードとなっているエクセルに比べて少し反応が遅いことです。しかし、使い込まなければ気にならないレベルであり、操作性に関してもショートカットキーや関数などスプレッドシートの方が優れる部分も多々あります。

無料のグーグルアカウントでも使用することができますので、ぜひ1度お試しください。

お読みくださり、ありがとうございました。