スプレッドシートをエクセルとしてダウンロードする

スプレッドシートをエクセルとしてダウンロードする

スプレッドシートはエクセルに変換してダウンロードすることが可能です。対応していない関数などは表示値は保たれますが、機能は失います。

ダウンロードの方法

ダウンロードの方法は簡単です。スプレッドシートの「ファイル>形式を指定してダウンロード>Microsoft Excel (.xlsx)」を選択すればダウンロードされます。

問題はスプレッドシートとエクセルの間に互換性がない機能はどのように処理されるかです。

スプレッドシートからエクセルへの互換性

UNIQUE関数の場合

エクセルにない関数ではUNIQUE関数をよく使用します。UNIQUE関数を使用したスプレッドシートをエクセル形式を指定してダウンロードした場合には次のようになりました。

UNIQUE関数を入力したセルは、=IFERROR(__xludf.DUMMYFUNCTION("unique(B3:B7)"),"3")と関数の機能は失うものの、本来表示される値(例の場合は3)は表示されるようになっています。

それ以外のUNIQUE関数が出力を表示するセルは値がそのまま入力されていました。

ユーザー定義関数の場合

アップススクリプトで作成したユーザー定義関数を使用したスプレッドシートをエクセル形式を指定してダウンロードした場合には、入力した関数はそのままで#NAME?とエラー表示になりました。

上記を見る限り、スプレッドシートにデフォルトで登録されている関数のうち、エクセルと互換性がない関数には変換する際に例外的な処理が施されるようです。