スプレッドシートの関数

スプレッドシートの関数

スプレッドシートではエクセル同様に関数が使用できますが関数の種類に少し違いがあります。関数の使い方の基本をご紹介します。

関数入力の基本

すべての関数に共通することは「=関数名(引数)」という形式で入力することです。関数名さえ知っていれば引数は入力時に補助が表示されます。またヘルプから調べることもできます。使い方の基礎だけ知っておきましょう。→ 関数の入力形式と使用法の調べ方

知っておきたい関数

unique関数

エクセルにはない関数です。リストから重複する行を削除した新たなリストを作成します。引数には複数列の範囲をリストとして指定することもできます。→ 重複のないリスト (unique関数)

importrange関数

別のスプレッドシートの範囲を参照する関数です。別のスプレッドシートをIDで指定するため、保存しているフォルダを移動させても問題ないなどクラウドならではのメリットがあります。→ 別のスプレッドシートを参照 (importrange関数)

char関数

文字コードを文字に変換する関数です。&で接続した文字を2段に表示したい時に調べたのでメモしておきます。→ セル内で改行する文字 (char関数、引数10)

お読みくださり、ありがとうございました。