スプレッドシートのセル内改行記号 (char(10)関数)

スプレッドシートのセル内改行記号 (char(10)関数)

文字入力時はAlt+Enterでセル内で改行できますが、関数を使った計算結果2つを縦に並べたい時はchar(10)を使用します。char関数は文字を出力する関数でchar(10)はセル内の改行文字を表します。

セル内改行の2つの方法

セル内で改行する方法は2つあります。1つは文字入力時にAlt+Enterを押す方法です。しかし、この方法では関数の出力を2段に表示することはできません。もう1つは&を使用した文字の接続で、改行記号を付加する方法です。この方法であれば関数の出力を2段に表示することもできます。

このページには後者の&を使用した文字接続による改行の方法を記載します。

文字をつなげる

文字をつなげるには&を使用します。

例えば、A1に氏、A2に名が入力されているとして=A1&A2は氏名を出力します。氏名の間にスペースを入力したい場合には=A1&" "&A2とスペースを""で囲んで使用します。

改行の記号もつなげる

では、上記の例で氏を上段、名を下段に表示するような改行を入れるにはどうするのかというと、スペースの代わりに改行記号を&でつなげます。その改行記号がchar(10)です。

すなわち=A1&char(10)&A2とすれば、氏と名の間に改行が入れられます。

エクセルで使用する場合

エクセルでもchar(10)で改行をすることができます。ただし、書式設定で折り返して全体を表示するにチェックが入っていないと改行されませんので、書式設定の変更も必要です。

char関数とは

char(10)を使用することにより改行できることは上述しましたが、そもそもchar関数とはどのような関数かというと指定した文字コードを文字に変換する関数です。

すべての文字には文字コードが割り当てられています。この文字と文字コードの割当ルールとして、Unicode、Shift_JIS、ASCIIなどがあります(文字化けはファイルを保存したルールと、ファイルを開いたルールが一致しない場合に発生します)。

スプレッドシートではUnicodeが使用されています。エクセルの場合には使用環境により異なりますが、WindowsではShift_JISだと思っておけば特に問題ありません(MS932、ANSIとの違いなど正確には理解できていません)。

お読みくださり、ありがとうございました。