スプレッドシートの操作方法

スプレッドシートの操作方法

スプレッドシートには、エクセルと多少の違いはあるもののほぼ同等な機能が用意されています。それらの機能と操作方法をご紹介します。

編集に関する使い方

マウスホイールを使って横スクロールする

マウスホイールは縦スクロールだけでなく、Shiftを押しながら回すことで横スクロール、Ctrlを押しながらメニューバーやシート名付近で回すことで拡大縮小にも使用できます。→ マウスホイール

素早くキーボードで範囲を選択する

マウスとキーボードの持ち替えを減らすことがスプレッドシートの操作を速くするには有効です。まずはセルの移動と範囲の選択をキーボードで素早く行う方法を身につけましょう。→ 範囲選択

キーボードで値だけ貼り付けを行う

コピー&ペーストはスプレッドシートの操作の中でも基本的なものですが、普通のコピー&ペースト以外にも下方向にコピー、右方向にコピー、値のみペーストなどのショートカットもあります。→ コピペショートカット一覧

値の入力を選択式にする

セルに値を打ち込まなくても選択肢から選んで入力できるようにプルダウンリストを設定することができます。リストを設定すれば、一部を入力することでリストの絞り込みも可能です。→ データの確認

データを昇順や降順に並べ替える

データの並び替えを行うことでデータを編集しやすくなります。元の順序を保ちたい場合には、元の順序を示す行や列を追加してから並び替えて編集し、元の順序に戻して追加した行や列を削除するという手順がおすすめです。→ 並び替え

左右上下のどちらから挿入するか

スプレッドシートへの行や列の挿入は上下左右どちらに行うかを指定できます。これはセルの書式をどちらと同じにするかに関わるため新しく挿入する行や列の関連する側の行や列から挿入すると便利です。→ 行や列の挿入

シートやセル単位で編集権限を設定する

スプレッドシート全体の編集権限は共有により設定できますが、シートやセル単位で編集権限を設定するにはデータの保護を使用します。ただし、セル単位のデータの保護は編集権限がないことが分かりにくいのでおすすめできません。→ データの保護

編集されたら通知を受け取る

スプレッドシートを共有して編集する場合などに便利な機能として、編集されたことの通知を受け取る機能があります。簡単な設定でメール通知を受け取ることができます。→ 変更通知

表示に関する使い方

上の行や左の列を常に表示する

シートのサイズが大きくなると、ヘッダとなる行や列が編集しているセルから遠くなることがあります。そんな時にはヘッダとなる行や列を常に表示する設定を行うと編集しやすくなります。→ 行や列の固定

特定条件のみ色を変える

曜日の日曜だけ文字色を赤に変えたり、数値に応じたセルの背景色としてサーモグラフィーのようなマップを作成するには、条件付き書式を設定します。カスタム数式を用いれば自由度の高い設定が可能です。→ 条件付き書式

数値を3桁区切りで表示する

数字しか入力しなくても、数値を3桁区切りで表示したり、マイナスの数値の時に▲を表示したり、1と入力して100%と入力したりすることが表示形式を変更することで可能です。→ 数値の表示形式

同時編集時にフィルタをかける

税区分が空欄の時に勘定科目を変更すると、デフォルトの税区分が入力されます。デフォルトの税区分が入力されない場合は、ツール>スクリプトエディタを選択、リソース>現在のプロジェクトのトリガーを選択して、トリガーを追加します。「onEdit、スプレッドシートから、値の変更」を指定して保存してください。

その他の操作

縮小して印刷する

スプレッドシートの難点は印刷オプションが不十分なことです。特に1枚の用紙に収めたい場合には工夫しないと縮小率も自由に設定できません。縮小とセンタリングの方法を提案します。→ 印刷の縮小とセンタリング

ウェブアンケートを作成する

グーグルフォームは簡単にウェブアンケートを作成できるサービスです。簡単な代わりにできないことも多いためグーグルフォームを利用する場合の使い方と注意点をまとめました。→ フォームの作成

入力中に勝手に確定される

すでに解決済みですが、スプレッドシートへの日本語入力中に勝手に確定されて変換に支障が出ることがありました。経過報告を掲載しておきます。→ 入力バグの経過報告

お読みくださり、ありがとうございました。