スプレッドシートのデータの並べ替え

スプレッドシートのデータの並べ替え

スプレッドシートのデータを並び替える方法をご紹介します。特筆すべき点はありませんが、並び替えができるとスプレッドシートでできる作業の幅が広がります。

データの並び替えとは

スプレッドシートのデータを並び替える方法をご紹介します。並び替えとは、対象範囲を行単位で入れ替えることを言います。並べ替えを利用すれば、日付順に入力した売上を売上額順に並べ替えるというようなことが可能です。

シート全体を並び替える場合は簡単ですが、部分的に並び替える場合は少し手順が増えます。また並び替え条件の優先順位(最優先条件で同位の場合に、次優先条件順にする)を設定することも可能です。

データの並び替え手順

ワークシート全体を並び替える

ワークシート全体を対象に、指定した1列を昇順もしくは降順となるように行の入れ替えを行う方法です。

例えばB列が昇順となるように並べ替える場合には、B列のセルもしくはB列全体を選択します。次に「データ>列Bを基準にA→Zでシートを並べ替え」を選択すれば完了です。

ここで、もしB列が同じ場合の順序はどうなるのかというと、並び替え前の順序が保たれます。

選択した範囲を並び替える

選択した範囲を対象に、指定した1列を昇順もしくは降順となるように行の入れ替えを行います。

範囲外のセルとは行のズレが生じかねないので、列はすべて選択して特定の行だけを除外することが普通です。

まず範囲を選択し「データ>範囲を並び替え」を選択します(範囲選択をしている時は、していない時とメニューの内容が違います)。

範囲を並び替えを選択すると、並び替え画面が表示されます。この時にどの列を昇順/降順にするかを選択します。例えばC列を選択して、「並び替え」をクリックします。

このように範囲を並び替えると、選択範囲内だけがC列を昇順とするように並び替えされて、選択範囲外はそのままです。この時も順序を指定した列が同じ値の場合は、並び替え前の順序が保たれます。

複数の条件で並び替える

これまでは、同じ値の場合は並び替え前の順序を保ちましたが、同じ値の場合は別の列を昇順/降順にすると複数の条件を指定することもできます。

例えば範囲を、A列、B列、C列の優先順位で昇順に並び替えます。

  1. 範囲を選択して「データ>範囲を並び替え」を選択します。
  2. 「+並べ替えの基準となる別の列を追加」をクリックして「次の条件」を追加します。
  3. もう1つ「次の条件」を追加して、上からA列、B列、C列を選択して「並べ替え」をクリックすれば完了です。

A列が昇順となり、A列が同じ場合はB列が昇順となるように、A列もB列も同じ場合はC列が昇順となるように並べ替えられます。

お読みくださり、ありがとうございました。