スプレッドシートに行/列挿入時の上下左右

スプレッドシートに行/列挿入時の上下左右

スプレッドシートに行や列を挿入する場合、選択している行や列の上下左右どちらに挿入するかを選択できます。選択している行や列の書式を引き継ぐことになるためです。

どちらから挿入するかの選択基準

スプレッドシートを使用していて、行や列が足りなくなった場合は行や列を挿入します。この時に見かける「行の上に」「行の下に」「列の左に」「列の右に」、これらの使い分け方をご紹介します。

A列を選択(セルではなくAと書かれた部分をクリック)して列の右側に1列挿入する場合と、B列を選択して列の左側に1列挿入する場合の違いは、挿入される列の書式設定にあります。

挿入される列には値は入力されていませんが、書式は設定されています。例えば、A列の背景が赤に設定されていれば、A列を選択して列の右側に1列挿入すると、挿入された列も背景が赤に設定されています。

このため挿入したい列が、挿入する場所の左右どちらのセルと同じ設定にしたいかで、どちらから挿入するかを判断します。これは行の上下についても同じです。

挿入される行や列の特徴の活用

この挿入される行や列の書式が引き継がれる特徴の活用方法として、関数の特徴と組み合わせる例が考えられます。ここで使う関数の特徴とは引数の範囲の自動調整です。

例えば、A1にsum(A2:A100)と書かれているとします。この時に100行目の背景色を変えておき、99行目より上の行から行が挿入されるようにします。そうすればA1の関数はsum(A2:A101)のように自動で調整され挿入された行も計算対象になるためです。

もし100行目の下に1行挿入された場合には、その行は計算対象外となります。しかし、その場合にも背景色が100行目と同様に周囲と違うため気付きやすいというメリットがあります。

お読みくださり、ありがとうございました。