スプレッドシート印刷の縮小とセンタリング

スプレッドシート印刷の縮小とセンタリング

スプレッドシートの弱点は印刷オプションの少なさです。1枚の用紙に印刷したい時に縮小もセンタリングもできません。そこで回避策を考案しました。

スプレッドシート印刷の工夫

縮小印刷

選択範囲

スプレッドシートの縮小印刷をするには、印刷したい範囲に余計な1列を加えた範囲を選択して以下の印刷設定を行います。

  • オプション左 : 選択範囲
  • オプション右 : 任意
  • 用紙サイズ : 任意
  • レイアウト左 : 幅に合わせる
  • レイアウト右 : 任意
印刷設定

この設定では印刷したい範囲に余計な1列を加えた範囲を用紙幅に合わせて印刷します。そのため余計な1列の幅を調整することで本来の印刷したい範囲の縮尺を変えることができます。

ただし、縮尺を指定して印刷することは諦めた方が良さそうです。横幅のセルサイズ合計を計算して縮小されない最大のサイズを求めようとしましたが、セルの区切り線の幅もあるため一意には決められませんでした。(ライン幅とセル幅に分けて縮小率を計算するのは手間がかかりそうですし)

1枚の用紙に印刷したい場合は何度か印刷のプレビューを見なければいけませんが、この方法で実現することはできます。

2枚に印刷1枚に印刷

センタリング

スプレッドシートの印刷でセンタリングを行いたい場合は、印刷したい範囲の両側に余計な1列を加えた範囲を選択して、縮小印刷と同様の印刷設定を行います。

こちらも余計な列の幅を調整することで印刷したい範囲の左右の位置を調整します。この時に両側の列のサイズを同じにして、選択した範囲が用紙幅を超えればセンタリングになります。

ただし、少し縮小されてしまうので完全な中央を狙うよりも、だいたいの見た目で中央に寄せて縮小されない程度にすることをおすすめします。

エクセルが使える環境での印刷

エクセルを使用できるのであれば、スプレッドシートをエクセルとしてダウンロードして印刷するという方法も選択できます。

エクセルが対応していない関数に関しても、関数の計算結果が表示される状態に変換されます。そのため見える文字については、スプレッドシートとスプレッドシートから変換したエクセルは同じです。

色やフォントに関しては未確認ですのでご自身でご確認をお願いいたします。

お読みくださり、ありがとうございました。