スプレッドシートの範囲選択をキーボードで行う方法

スプレッドシートの範囲選択をキーボードで行う方法

スプレッドシートの操作を速くするには、マウスとキーボードの持ち替えを減らすことが必須です。まずは矢印を使ったセルの移動と範囲選択を身につけましょう。

セルの移動と範囲選択

矢印を押せば、その矢印の方向に移動できます。この時にShiftを押しながら移動すれば、移動元のセルから移動先のセルまでの範囲を選択することができます。Ctrlを組み合わせることでさらに操作が速くなります。

端まで一気に移動

矢印とShiftだけであれば単純ですが、Ctrlを使うと移動が少し複雑になります。このCtrlを使った移動ができるかどうかでスプレッドシートの操作スピードが大きく変わります。

A1にカーソルのあるシート

A1からA10まで値の入力されたシートがあるとします(上図)。このシートのA1にカーソルがある時に、Ctrl+↓を押すとA10まで移動します(下図)。この時にShiftを押していればA1からA10まで選択することができます。

A10にカーソルのあるシート

これを応用すればB1からB10を選択することもできます。A1にカーソルがある時に、Ctrl+↓、→、Ctrl+Shift+↑です。1つ目でA10に移動して、2つ目でB10に移動、3つ目でB1からB10まで選択します。

このように隣の列を利用したり、下から上への移動を利用したり、セル移動を自由に発想することが大切です。

Ctrlを使った移動の注意点

Ctrlを使った移動は便利ですが、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

例えば、空欄に見えるセルに空白が入力されている場合です。この場合には移動先になると思っていたセルで止まれなかったり、止まらないと思っていたセルで止まってしまったりします。

原因が分からなくても上手く移動できない時は諦めて他の方法を探すことが解決の近道です。

Ctrl+矢印の正確な移動先

Ctrl+矢印の動作を正確に理解しなくても、使える時にだけ使って使い方の思いつかない時には使わないで構いません。しかし、正確に理解しておくと使える機会が増えます。

Ctrl+矢印を押した時の移動先は、その矢印の方向にある値が入力されたセルとされていないセルの切り替わる部分です。この部分の値が入力されたセルまで移動します。

値が入力されたセルとされていないセルの切り替わる部分がない場合はシートの端まで移動します。

エクセルと違うEnterの動作

エクセルの場合、Enterを使えば↓と同じように下に移動することができます。しかし、スプレッドシートでは動作が異なるためEnterを押して下に移動するとなかなか移動できずストレスが溜まります。

これはスプレッドシートのEnterを押すと、エクセルのF2のようなセルの内部編集となるためです。そのためEnter1回目で内部編集、2回目で確定して下に移動と2回で1つ下への移動となります。

お読みくださり、ありがとうございました。