決算予測ウェブアプリ仕様 (入力パラメータ)

決算予測ウェブアプリ仕様 (入力パラメータ)

決算予測 for 弥生会計(法人)の入力パラメータに関する仕様です。各種CSVファイルのエクスポート方法も掲載しています。

決算予測 for 弥生会計(法人)の入力パラメータ

入力完了日

決算予測の元となる会計データのうち、仕訳の入力が完了しているとする最後の日を選択します。デフォルトは1ヶ月単位で処理を行うことを想定しているため先月末です。

この日付と期首の日付を元に、何月度まで経過しているかを判断し、未経過の月度の各勘定科目の金額を予測します。

科目設定

残高試算表で使用されている勘定科目の基準となる貸借情報を取得するために必要なCSVファイルです。

弥生会計からエクスポートする手順は以下の通りです。

  1. メニューバーの設定>科目設定を選択して科目設定画面を開く
  2. メニューバーのファイル>エクスポートを選択する
  3. 以下の設定でOKを選択する
  • 出力帳票 : 勘定科目一覧表
  • 書式 : 汎用形式
  • 区切り文字 : カンマ(CSV)形式
  • 出力先 : 任意(デスクトップなど分かりやすい場所)

残高試算表(年間推移)

決算予測に使用する金額を取得するために必要なCSVファイルです。

弥生会計からエクスポートする手順は以下の通りです。

  1. メニューバーの集計>残高試算表>年間推移を選択して残高試算表を開く
  2. メニューバーのファイル>エクスポートを選択する
  3. 以下の設定でOKを選択する
  • 出力帳票 : 残高試算表(年間推移)
  • 書式 : 汎用形式
  • 区切り文字 : カンマ(CSV)形式
  • 出力先 : 任意(デスクトップなど分かりやすい場所)
  • 出力対象 : すべてにチェックを入れる

税区分表(入力完了期間)

消費税の額を算出に使用するパラメータを取得するために必要なCSVファイルです。

弥生会計からエクスポートする手順は以下の通りです。

  1. メニューバーの集計>消費税集計表>科目別税区分表を選択して科目別税区分表を開く
  2. 期間を期首から入力完了日までを指定して集計する
  3. メニューバーのファイル>エクスポートを選択する
  4. 以下の設定でOKを選択する
  • 出力帳票 : 勘定科目別税区分表
  • 書式 : 汎用形式
  • 区切り文字 : カンマ(CSV)形式
  • 出力先 : 任意(デスクトップなど分かりやすい場所)

残高試算表(月次・期間)

昨年度の科目設定と残高試算表(年間推移)を使用しない場合に、期首残高を取得するために必要なCSVファイルです。

弥生会計からエクスポートする手順は以下の通りです。

  1. メニューバーの集計>残高試算表>月次・期間を選択して残高試算表を開く
  2. 全期間を選択する
  3. メニューバーのファイル>エクスポートを選択する
  4. 以下の設定でOKを選択する
  • 出力帳票 : 残高試算表(月次・期間)
  • 書式 : 汎用形式
  • 区切り文字 : カンマ(CSV)形式
  • 出力先 : 任意(デスクトップなど分かりやすい場所)
  • 出力する部門 : 任意(決算予測対象とする部門)
  • 出力対象 : すべてにチェックを入れる

予測方法

今期実績の平均値、作期の3ヶ月単位変動を利用のどちらかを選択します。

今期実績の平均値は、経過した今期の状況が期末まで継続することを想定した予測方法です。この方法のメリットは「来月は売上がいつもより多い」などヒアリング内容の反映をさせやすいことです。

作期の3ヶ月単位変動を利用は、期首から3ヶ月毎に区切った期間の平均値を算出して予測に利用しています(正確な計算処理は決算予測ウェブアプリ仕様 (計算の仮定と根拠)を参照)。この方法のメリットは、決算予測に季節的な影響を考慮できることです。

簡易課税みなし仕入率

原則課税との比較のため、簡易課税の場合の消費税もオプションとして計算しています。簡易課税の消費税計算以外には使用していないため選択は任意です。

黒字企業平均指標業種

TKCがウェブサイト上で公開しているBAST(Business Analyses & Statistics by TKC)の要約版・速報版の指標を取得する業種です。

自社の昨年度比較は事業戦略の正否を確認するために重要ですが、他社比較も改善点を発見するために重要です。このため簡易的に利用できる指標比較を試験的に実装しています。

変動費 / 販売管理費

上記指標比較を行うために必要となるパラメータで、販売管理費の変動費の割合を選択します。売上原価と製造原価を全額変動費と仮定して、損益分岐点などを算出し上記指標と比較できるようにします。

お読みくださり、ありがとうございました。