CSV加工 for 弥生会計

CSV加工 for 弥生会計

銀行の入出金明細CSVやクレジットカードの明細CSVを弥生会計の仕訳日記帳インポート用に加工するスプレッドシートです。元のCSVファイルの指定した列のキーワードを元に仕訳を作成します。

銀行明細もクレジット明細も

弥生会計用CSV加工スプレッドシートのサンプル

弥生入力_fromCSV_サンプル

銀行の入出金明細やクレジットカードの利用明細などのCSVデータを、弥生会計にインポートするためのスプレッドシートです。CSVデータを弥生会計の仕訳に変換するために必要な情報をスプレッドシートに入力して、組み込んであるプログラムで弥生会計の仕訳日記帳インポート用のCSVファイルを作成します。

クラウド型の会計ソフトがネットバンキングと同期するようになりましたが、会計ソフトの使用感では弥生会計が1番です。そのため弥生会計を選ぶ場合には役に立ちます。また他のシステムから出力したCSVファイルを弥生会計で利用する場合にも有効です。

サンプルスプレッドシートにアクセス

利用するには

利用するためにはスプレッドシートをコピーする必要があります。方法は2種類あり、1つ目は専用アプリケーションからコピーする方法、2つ目はスプレッドシート自体のコピー作成機能を利用する方法です。どちらでも利用はできますが、バージョンアップやバグ修正の連絡が欲しい場合は専用アプリケーションをご利用ください。

コピー専用アプリケーション

コピー専用アプリケーションでは、コピー作成ボタンを押すと、スプレッドシートのコピーと同時に自動的にユーザー登録を行います。取得する情報は、コピー日時、メールアドレス、コピーしたスプレッドシートのURLです。メールアドレスを取得するため、アプリケーションにアクセスするとログインと権限の使用許可を求められます。同意をお願いします。

スプレッドシート自体のコピー作成機能を利用する場合は、サンプルスプレッドシートにアクセスし、ファイル>コピーを作成...を選択してください。この方法ではデフォルトで山本公認会計士・税理士事務所と共有されています。共有設定の見直しをお願いします。

どちらの方法でコピーを作成した場合も、ログインしていたアカウントのマイドライブにスプレッドシートが作成されているはずです。

弥生会計用CSV作成方法

設定シートにあるCSVパターンの初期設定

設定シートには、以下のCSV用の設定が事前に登録されています。

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天カード明細

これらのCSVを弥生会計用に変換する場合は、普通預金シートのB1に入力してください。C4:C7に勘定科目や補助科目を設定すれば初期設定は完了です。

設定シートにないCSVパターンの初期設定

CSVのヘッダ行(仕訳に変換しない行)が何行あるか、各行のいくつめに何が記載されているか、を普通預金シートに登録します。まずは、CSVをエクセルやスプレッドシートで開いてください。

D1には、CSVのヘッダ行数を数値で入力します。例えば、銀行入出金明細で1行目に日付、入金額、出金額などが書かれていて、2行目から入出金の内容が書かれている場合、ヘッダ行数は1です。

2行目には、日付、金額、仕訳の判断に利用できる説明が、CSVのどの列に記載されているかを設定します。例えば、CSVをエクセルやスプレッドシートで開いた時に、A列に年月日が記載されいてる場合は、A2に年月日を選択してください。選択肢は以下の通りです。

  • 年月日
    2016/02/19やH28.2.19など日付の年月日が記載された列に指定します。年月日もしくは、年と月と日のどちらかが必須です。

  • 日付の年が独立して記載された列に指定します。年月日もしくは、年と月と日のどちらかが必須です。

  • 日付の月が独立して記載された列に指定します。年月日もしくは、年と月と日のどちらかが必須です。

  • 日付の日が独立して記載された列に指定します。年月日もしくは、年と月と日のどちらかが必須です。
  • 収入(マイナスは支出)
    収入となる金額が記載された列に指定します。収入または支出のどちらか、もしくは両方の設定が必須です。
  • 支出(マイナスは収入)
    支出となる金額が記載された列に指定します。収入または支出のどちらか、もしくは両方の設定が必須です。
  • 仕訳変換キーワード1
    仕訳の勘定科目等の判断に使用する収支の内容が記載された列を指定します。仕訳変換キーワード1~3のいずれかは設定が必須です。
  • 仕訳変換キーワード2
    仕訳の勘定科目等の判断に使用する収支の内容が記載された列を指定します。仕訳変換キーワード1~3のいずれかは設定が必須です。
  • 仕訳変換キーワード3
    仕訳の勘定科目等の判断に使用する収支の内容が記載された列を指定します。仕訳変換キーワード1~3のいずれかは設定が必須です。
  • 仕訳取込ワード1
    仕訳の勘定科目等の判断に使用しないが、仕訳の補助科目、摘要、仕訳メモに利用したい列を指定します。
  • 仕訳取込ワード2
    仕訳の勘定科目等の判断に使用しないが、仕訳の補助科目、摘要、仕訳メモに利用したい列を指定します。

2行目の設定が終われば、C4:C7に勘定科目や補助科目を設定して初期設定は完了です。

CSV変換の実行

  1. メニューバーの「CSV to 弥生>CSV選択画面を開く」を選択する。
    メニューバー(ファイル、編集、表示、など)の右端に「CSV to 弥生」がない場合は、ツール>スクリプトエディタを選択、リソース>現在のプロジェクトのトリガーを選択して、トリガーを追加します。「onOpen、スプレッドシートから、起動時」を指定して保存してください。これで元のスプレッドシートを再読み込みすれば「CSV to 弥生」が表示されるはずです。

  2. 承認をする(初回実行時のみ)。
    プログラムがスプレッドシートの値を読み取ったり、ドライブにCSVファイルを作成したりするためには、アカウントの権限を使用することをプログラムに許可する必要があります。

  3. CSVファイルを選択して実行する。
    ファイルを選択をクリックすると、ファイル選択画面が開きます。Shift_JISはCSVファイルの文字コードですが、分からなければそのまま実行してください。文字化け等が発生する場合はUTF-8に変更してみてください。

実行結果に応じた処理

「新しいキーワードの組み合わせに科目等を設定してください。」が表示される場合は、CSVファイルを仕訳に変換するための情報が不足しているため、スプレッドシートを編集します。A~D列に追記された行があるはずですので、その行のE~L列に仕訳情報を入力します。

「ダウンロード」が表示される場合は、リンクをクリックすると弥生会計の仕訳日記帳にインポートできるCSVをダウンロードできます。ダウンロードして弥生会計にインポートしてください。

変換条件と変換キーワードの選び方

変換キーワードは自動的に追記されますが、編集することでより効率的に仕訳情報を設定することができます。そのためには変換条件を理解しなければなりません。変換条件は以下の通りです。

  • 収支が一致すること
  • 各変換キーワード列に、対応する変換キーワードを含むこと

このため変換キーワードは、仕訳を判断するには十分かつ広く利用できる条件をしていすることが理想です。例えば、「電気使用料2月分」とCSVに記載されている場合、「電気使用量」だけを変換キーワードとすると他の月にも適用されるはずです。

復数の銀行口座やクレジットカードがある場合

普通預金シートをコピーすることで、同じスプレッドシートで復数の種類のCSVを処理することができます。シート名が、設定、変更履歴、使い方のシートではプログラムが機能しませんので、これらのシート名は変更しないようにしてください。

バージョンアップ情報

スプレッドシートで指定した変換ルールで指定した文字しか弥生会計の仕訳に反映できませんでしたが、元CSVの文字をそのまま弥生会計の仕訳に反映させられるようにしました。2016/02/23

お読みくださり、ありがとうございました。