現金領収書入力補助 for 弥生会計

現金領収書入力補助 for 弥生会計

大量にある現金領収書の入力を補助するスプレッドシートです。金額だけを入力すれば弥生会計の仕訳日記帳インポートに対応したCSVを作成できるように、スプレッドシートの左上に貸方科目、右上に借方科目、左下に日付を設定しておきます。

現金領収書の弥生会計入力を楽に

サンプル

弥生入力_現金領収書_サンプル

弥生会計へ現金払いの領収書を元に仕訳を入力するための補助スプレッドシートです。スプレッドシートに必要な情報を入力して、組み込んであるプログラムで弥生会計の仕訳日記帳インポート用のCSVファイルを作成します。

スプレッドシートには左上に現金や小口現金などの貸方勘定科目に関する設定、右上に借方勘定科目に関する設定、左下に取引の日付、右下に金額を入力します。金額以外を先に入力してしまえば、該当するセルに金額を入力するだけで仕訳入力が完了します。

サンプルスプレッドシートにアクセス

利用するには

利用するためにはスプレッドシートをコピーする必要があります。方法は2種類あり、1つ目は専用アプリケーションからコピーする方法、2つ目はスプレッドシート自体のコピー作成機能を利用する方法です。どちらでも利用はできますが、バージョンアップやバグ修正の連絡が欲しい場合は専用アプリケーションをご利用ください。

コピー専用アプリケーション

コピー専用アプリケーションでは、コピー作成ボタンを押すと、スプレッドシートのコピーと同時に自動的にユーザー登録を行います。取得する情報は、コピー日時、メールアドレス、コピーしたスプレッドシートのURLです。メールアドレスを取得するため、アプリケーションにアクセスするとログインと権限の使用許可を求められます。同意をお願いします。

スプレッドシート自体のコピー作成機能を利用する場合は、サンプルスプレッドシートにアクセスし、ファイル>コピーを作成...を選択してください。この方法ではデフォルトで山本公認会計士・税理士事務所と共有されています。共有設定の見直しをお願いします。

どちらの方法でコピーを作成した場合も、ログインしていたアカウントのマイドライブにスプレッドシートが作成されているはずです。

弥生会計インポート用CSV作成方法

  1. 入力予定の領収書を、摘要別に分ける。
    後から金額だけを入力すればいいように、先に領収書を分けておきます。スプレッドシートには1列に勘定科目、補助科目、部門、税区分、摘要、仕訳メモを設定するので、この組み合わせごとに分けます。部門や仕訳メモは使用しないことが多いので、摘要ごとに分ければいいと思います。

  2. A7:Cに入力する対象期間の日付を入力する。
    例えば、1ヶ月分の入力をまとめて行うなら、その年と月を入力とコピぺで埋めて、日に1~末日の数字を入力します。同じ日に同じ列になる領収書が復数ある場合は、同じ日の行を復数作ります。(同じ列を復数作り対応することもできます。)

  3. 1で分けた領収書からのある摘要の領収書を選ぶ。
    列ごとに入力するため、分けた領収書のどれか1つを選びます。

  4. 3で選んだ摘要に対する設定を、D1:D6に入力する。
    選んだ領収書の仕訳に使用する勘定科目、補助科目、部門、税区分、摘要、仕訳メモを入力します。勘定科目と税区分は必須です。

  5. 3で選んだ領収書の金額を、D7:Dの対応する日付の行に入力する。
    金額を入力します。文字で書くとややこしいですが、日付の合うセルは直感的に分かると思います。

  6. 残りの領収書に対して、3~5を繰り返す。

  7. メニューバーの「弥生CSV作成>弥生会計用CSVを作成する」を選択する。
    メニューバー(ファイル、編集、表示、など)の右端に「弥生CSV作成」がない場合は、ツール>スクリプトエディタを選択、リソース>現在のプロジェクトのトリガーを選択して、トリガーを追加します。「onOpen、スプレッドシートから、起動時」を指定して保存してください。これで元のスプレッドシートを再読み込みすれば「弥生CSV作成」が表示されるはずです。

  8. 承認をする(初回実行時のみ)。
    プログラムがスプレッドシートの値を読み取ったり、ドライブにCSVファイルを作成したりするためには、アカウントの権限を使用することをプログラムに許可する必要があります。

  9. しばらく待つと「ダウンロード」が表示される。

  10. 「ダウンロード」をクリックして、ダウンロードした弥生会計用CSVを、弥生会計の仕訳日記帳にインポートする。

応用的な使い方

B1:B4の設定を変えれば、現金だけでなく小口現金などを入力することもできます。シートを追加してもかまいません。預金の入力も可能ですが、預金はネットバンキングで入出金明細CSVを取得して、インポート用に加工することをおすすめします。(CSV加工スプレッドシート)

また、入力する金額をマイナスにすると逆仕訳を入力することもできます。

設定シートに関して

設定シートは、現金シートで使用する入力候補を追加/削除するためのシートです。特に編集をしなくても構いません。

お読みくださり、ありがとうございました。